ニャン★DA☆ちょろ松

慢性腎不全猫とグリングリンな日々


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



      この絵本だけは誰にも触らせない



      ブログ用757




         …前回より続き…





           7日は日曜日だっつーのに早朝から仕事。



      全くも~~

   前日早く寝ればいいのに 深夜にYouTubeで「Metal Gear Solid」なんぞ見てしもーた…



          そんでもって朝の5時半起床は辛かった…



         仕事を終えて一旦家に帰り 爆睡



        午後からは知人のおじさんのお見舞い。



   友達に「譲渡会でフリマやるからナンかちょーだい!!」とお願いしてたので商品の受け取り。



         またまた仕事して帰宅。




      ワンニャンのお世話・夕食・家事を済ませ やっとお風呂。



            さぁ、やっと待ちに待った瞬間がやってきました



           手にゴミが付いてない事を確認して 本を手に取る。



            そ~~っと1ページ目を開く。



          それから 2ページ目・3ページ目とめくっていく。



             ページが進むにつれ だんだん涙目になる。




           最後のページ、嗚咽が止まりません…。



          声を上げて泣きました。  みゐこが心配そうにワタクシを見てます。


         
           ブログ用758
     


        作者は「よこた だいすけ」氏。版元は「新風舎」 定価1,400円(税別)


       この絵本は 一人の猫嫌いのお父さんと黒にゃんこの 心温まるお話です。



   内容が気になる方もいらっしゃるでしょうが、この本に関してはネタバレは避けたいというのが

      ワタクシの気持ちです。



   ブックレビューで‘「100万回生きたねこ」の次に感動します‘と言った人がいたけれど



      ワタクシにとっては この絵本こそが№1なのです。




      版元が倒産して、絶版になってしまったこの絵本。



       今は電子書籍で読むこともできますが、


      ワタクシとしては是非絵本で復刻していただきたいものです。




   そして わんにゃんが家族の方も、そうでない方にも是非とも手に取って読んでいただきたい。


        ワタクシと同じ感動を味わっていただきたいのです。


    特にワタクシのように猫を仔猫から育て、最期まで看取った人はより深く感動すると思います。




       短い文章。インパクトのある絵柄。 本当に良い絵本なのです。


           復刻版リクエストに投票もしたのだけれど、どうかなぁ~~


       


       


     さて ちょっと話が逸れますが、この絵本の購入にあたり感謝を捧げたい人がいます。



      ワタクシの第二の母とも言うべき「春おばちゃん」



   ワタクシは今は隣県に住む、この伯母の代わりに年2回ほどですが


                    こちらにある伯母宅のお墓参りをしてます。



     時折プレゼントを贈ってくれるのですが



     6年前に 感謝の手紙と共に1万円をくれたことがありました。



      「エプロンでも買って」と書いてあったのですが



      何か大切なもの・記念に残るものを買おうと ず~っと使わずに取っておいたのです。



      この絵本を見つけたとき、ついにこのお金を使う時がきた!!と思いました。



        近年、認知症が進む伯母にこの感謝は伝わらないかもしれません。



       でも今度会ったとき、必ず言おうと思っています。



      「伯母ちゃん、ありがとう。 お陰で宝物を手に入れたよ。一生大切にするよ。」
 
   

                              …終わり…
      




      



          
スポンサーサイト



    号泣ものです


   ブログ用756



           …前回より続き…



            4月15日に日付が変わって   Amazonに注文。



           17日に到着との事。 この日はイベントの前日で、準備に大童 


          何時に家に帰れるのかわからないのでヤ〇トの営業所留めにしてもらった。

                    

           
    17日になり、一刻も早く受け取りたいので仕事を終えて家路に着く途中 ヤ〇トに寄る。



          仕事やイベントの準備で疲れてるのに ちっとも苦じゃないの。



           「すみません、本 来てますか?」



            本の代金9,999円と代引手数料324円、合計10,323円。



              お金を払い、本を受け取って家に到着。




              わんにゃん達のお世話をすませ、本を持って二階へ。



                ドキドキしながら 封を開ける。



           「そぉ~~、この表紙よぉ…



                 ブログ用755




              この表紙を見ただけで 涙目になるワタクシ…



             そぉ~~っと1ページ目を開ける。



              「あぁ、この絵だったなぁ。」   思い出した思い出した




            でもこれ以上 ページはめくらないの。



           この本は日頃から頑張ってる自分へのご褒美。



              だから自分の誕生日にゆっくり読む事に決めてたのです。



                そっと表紙を閉じ、また箱にしまう。


 
                でも も一回見たくて 箱から出そうとしたらナンか引っ付いてる…。



         ヤバイ…、 なんか粘着のりみたいなのに 本がくっ付いてる!!



             必死で ゆっくり剥がして 何とか事無きを得たのでした(ホッ…



        Amazonが梱包する時に箱の中で本が動かないよう



             ビニールでカバーした本をくっ付けてたのね。



     その粘着のりみたいのに気付かずに また本を仕舞ったアホなワタクシ。



       は~~~、焦ったぁ



            何とかキレイに糊を剥がせて良かった




          箱はすぐに捨てて、本は汚れないように本棚へ。




              そして6月7日がやってきたのです。



                     …その③へ続く…    (引っ張ってごめんちゃい
            


               


           

           



            



     
       私の宝物


      ブログ用755




               本日7日はワタクシにゃんだろーの誕生日。



              ワタクシが予てから欲しかった物をようやく手に入れた。



              
               「私は猫が嫌いだ」と言うタイトルの絵本。




              ず~~~っと探してたんです。




             ワタクシの大切な大切な ちょろ松君がお星様になって間もなく



             何気なく立ち寄ったTU〇AYA で題名に惹かれて手に取った絵本。




            その場で立ち読みして 鼻水垂らして泣いてしまったワタクシ  




             その時のワタクシは この絵本を買って帰るには まだあまりに辛く…



            それから何度もこの絵本を手には取るのだけれど



            買う勇気が持てませんでした。




            そうこうしてる内に絵本は誰かに買われたのでしょう


            本棚から消えてました…。





     「ワタクシにはまだ早すぎたのかな…」  そう思うことにして諦めました



          

           
          それから時は過ぎ、数年前にふとこの絵本の事を思い出しました。



    
             今のワタクシなら大丈夫! 



                 ネットで検索したら 既に版元は倒産。




                Amazonで古本が7,000円で出てる。




                 高けぇよ…。買えなくはないが高けぇよ




      「どっしよっかな、どっしよっかな」  毎日検索しちゃー迷ってたら



          これまた誰かにかっさらわれてしもーた




           ま、いーや。 もしかしたらもっと安く出るかも と高をくくってたらば




          それから何年も出てこない…。



          行ける限りの本屋さんに尋ねるも 在庫はなく…。



          離れて住む弟「アチョー君」にもお願いしてたけど返事なし。



         あ~ぁ、もうダメか。と諦めかけてたら



         見つけましたがな。




          またまたAmazonで!




        2冊出てます。  よっしゃ!2冊ならまだすぐに無くなる事はねーな。



 
        暫くしてまた検索したら 3冊になってる。


          中古でもかなりの美品。初版本、しかも著者サイン入り。  お値段 9,999円…




          でも これを逃すともう手に入んないかも。



         決めました。買うべ!!



                           …その②へ続く…




          


         



               



 



      だって無視できんのだよ…



       ブログ用754




             おまっとさんでした、おまっとさんでした。



    先日、皆に惜しまれつつ鬼籍に入ったキンキンの名ゼリフで 久しぶりの登場でございます。


       いや~~、すっかり御無沙汰しまして…。



      何度も訪問してくだすった方、本当にごめんなさいね



         歳を取るってやーね! ただでさえ「よだきんぼ(ズボラって事)」なワタクシ。



        更新がめんどくさくなっちゃってね。




           ま、忙しいやら 風邪引いたやら、 お袋様が肺炎起こして大変だったり



           よそのお家のニャンコのお世話に行ったり。



            結構めまぐるしい毎日だったのですよ



             
          でも そろそろ更新しなきゃヤバイかな~~と。




           記事にしたい事はいっぱいあったんですけど、すっ飛ばす事にします。




           何かの折にUPするかもしれませんけど、もーしわけございません




             ところで今日(もう昨日ですけど)、イ〇ンの本屋さんに久しぶりに行ったら




           いきなりこの表紙が目に入って来たではありませんか!




            an・anなんて何年ぶりに買っただろ。 



            can・can や JJ と 若い頃は買い捲ってたな~~。



 林真理子さんのエッセイがおもしろくて (彼女はan・anを裏から開かせるオンナとして有名でした)


 
        立ち読みばっかしてるんですけど、購入したのはホントにひさしぶり。



            つか ワタクシみたいな おばはんは買わないよな。


         
      でもこの写真、このコピー。    見たとたん胸キュンして買わずにおりゃりょーか!!


            まんまと マガジン〇ウスの策略にはまってしまった にゃんだろーでした。



             にゃんこシールも付いちょるがよ。中身も面白かったがよ。



               猫好きさんのアナタ、本屋に行く時は



                  「気をつけなはれや



      
             



           

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。