ニャン★DA☆ちょろ松

慢性腎不全猫とグリングリンな日々


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    毎日地道に…


     ブログ用737



           さて、2014年が暮れようとしています。



         この一年、ワタクシ的には全く余裕が無く 毎日があっと言う間に終わった感じです。



         今年だけでなく 毎年なんですけれどね




         ブログが滞りがちで UPが遅くなって…。


  
                本当は毎日 UPしたい出来事は沢山あったのですがね…。




            特にこの12月は忙しすぎて 身体がボロボロです…




           でも何とか 無事に年が越せそうです



           病気や事故や災害に巻き込まれる事無く1年が過せたのは



             本当に有難いことだと思います。




             ブログ用738




                  たぶん来年も 余裕のない1年になりそうですが



            ワタクシなりのペースで歩んで行こうと思います。




            それでは 皆様、 ごきげんよう



               
             
スポンサーサイト




      愛されてるワン!



      ブログ用736


           シロちゃん 改め ラヴちゃんを譲渡したのは



             昨年の12月25日。




          先日、23日に久しぶりに会いに行きました。



          あらから1年経ったのです。早いもんだ。



      ラヴちゃんを Tさんのお家にお届けしたのを昨日のように覚えています。



          「ラヴ~~」って声をかけると



           とっても嬉しそうにお迎えしてくれた ラヴ。



            Tさん御一家は皆さん外出中のようでした。



      前々日にメールしてたので



        「誰も居ないかも知れませんが、どうぞいらしてください」との



         お返事をいただいていましたから 遠慮なくナデナデさせていただきました



        相変わらず 大きいわんこ。毛並みも綺麗です。



        T家の皆さんに愛されてるのが ありありです。



          やや暫く遊んで、お土産のミカンと ラヴちゃんへのオヤツを



          玄関に置いて T家を後にしました。



    「バイバイ、また来るよ」   ぶっちゅ~して帰ろうとするワタクシを



         「まだ帰んないで~~」ってな顔で見送ってくれた ラヴちゃん。



                つぶらな瞳に後ろ髪引かれる思いでした



                   また会いに行こ


          



          



     すくすく成長中



      ブログ用733




           風太が貰われて  寂しくなった我が家に



           乳飲み子が2匹 やってきました。



            実は11月の終わりに


             へその緒が付いたまま子犬が4匹保健所に保護され


           ワタクシの携帯に 「育ててくれないか」と連絡がきまして…。



          ワタクシ、年末でとても忙しく 3時間授乳ができないので一度は断ったのですが



           どうしても気になり、会のスタッフ Iさんに相談。



             同じくスタッフ Fさんと二人、快く子育てを了承してくださったので



               会で引き取る事に。




          その Iさんが暫く家を留守にするとの事で



               17日から22日の6日間だけウチの仔になりました。



                  次郎ちゃんと
              ブログ用734


                  三郎ちゃんです。
              ブログ用735



                 どーです! このかわゆさ


        
                は~~、久しぶりの子育て。



                この位になると 5~6時間おきの授乳でいいので


                忙しいワタクシにとって ひじょーに助かります。



        Iさん、ここまで育てるの大変でしたね。本当にありがとうございます




              さて 異生物の出現に驚く みゐこと小太郎



           特に小太郎は気になるのか じ~~っと見てるんです。



      風太がいなくなって コタも暴れる事無く大人しくなって静かな我が家でしたが




            子犬が2匹増えて毎日バタバタの生活



            身体が大きい次郎は 暴れん坊でお乳を飲むのが へたっぴ。



            黒ちゃんのサブは大人しくて お乳を飲むのが上手です。



            そして 2匹共 ゲップ音が大きい。 



            授乳の後、背中トントンすると 「げぽぉ」って出るんです



            もうこの子達の全てが可愛いのですよ



               
     Fさんに育ててもらってる2匹と一緒に年明け1月の譲渡会でデビューです。



         良い飼い主さんが見つかるといいな~~



               
                




      さよならだけどサヨナラじゃない


      ブログ用732



             譲渡会が終わって、福と小太郎を家に連れて帰り



            お昼ごはんを食べて仕事に行こうと思ってたのですが



           モヤモヤ感が増すばかりで ゴハンがちびっとしか食べれませんでした…。





          翌日、風太の好きなオモチャとフードと猫に関する小冊子


        それから あの仔を保護した経緯といろいろお願い事を書いた手紙を



          Wさんにお渡しするために会いに行きました。




          「昨日はありがとうございました。昨夜はどうでしたか?」とのワタクシの問いに



          「どっかでうずくまっちょるわ。ほったらかしちょる。」とWさん。



           その言葉を聞いた瞬間、胸が張り裂けそうになりました。



        「まだ1日しか経ってません。もう暫く様子をみてください。


           どうしても慣れないようなら引き取りに伺います。」と言うのが精一杯のワタクシ…。




       毎日眠れなくなり、このワタクシがゴハンたべれないんですよ




          水曜日の朝、ワタクシの親父様がWさんに会った時、こう言われたらしいんです。



          「にゃーにゃー鳴いて寝られん」



      ワタクシ、決心しました。    「フータを返してもらおう




         この日の夜仕事を終えてから、Wさんの家の前まで行って携帯に電話しました。



         誓約書に書いてあった番号にかけると奥さんの携帯でした。



         本題に入る前、色々とお話させていただきました。



         ワタクシがお渡しした手紙、奥さんはまだ見てなかったようでした。



     手紙に書いた内容と、手塩にかけて育ててきたこと、お願い事を話しました。



      「あの仔はとってもキレイな猫ちゃんなので、


       保護した当時がそんな状態だったなんて信じられません。良い人に拾われて良かった。」



          と 奥さんは言ってくださいました。



      そして「心配しないでください」とも…。



         お話する中で、奥さんの人柄がわかるような気がしました。



          小さい事を気にしない、太っ腹な奥さんのようでした。



         「ごめんんさいね。ウチの主人、あんな言い方しかできない人で。



         ホントに猫好きで、可愛がりすぎて猫に嫌われるタイプなんですよ。」



           この奥さんの言葉を聞いて わかりました。



        Wさんはちょっとぶっきらぼうなだけで愛情深い人なんだと。



         「譲渡会で名前は‘みかん’ちゃんにすると聞いたのですが」と言うと



      「え、そうなんですか?風太ってよんでますよ?


           そのほうが早く家にも馴染んでくれるでしょうから」 と 奥さん。



          この言葉を聞いた瞬間、ワタクシ泣き出してしまいました…



         まさか、名前をそのまま使ってくれてるなんて…。



           嬉しいやら安心したやらで、ひっくひっく泣きながら


       「あ、ありがとうございますぅ。 いい人に貰われてよかったですぅ」と言いました。



          「泣かないでください、大丈夫ですよ。安心してください。」


        この奥さんの言葉で もう大丈夫だと思いました。



          この譲渡は間違ってなかったのです。



         この御夫婦の息子になるのが風太の運命だったのでしょう。



         命のバトンタッチを終えた瞬間です。



           「どうぞ末永く可愛がってやってください」と電話を切りました。



          お家の前に居たけれど 風太には会わずに帰りました。



          風太を連れて帰るつもりで用意しておいたキャリーと



     手ぶらじゃ失礼になると思って買ってきた七〇石のカステラは必要ありませんでした。



         さよなら だけど さよならじゃない。



            風太との縁はこれできっぱりと終わるわけではありません。




    
         帰り道、ワタクシの心は晴れやかでした


            





        






     よかないけど良かった


      ブログ用731




             風が強い日曜日。12月14日に譲渡会は開催されました。



          寒いやら選挙の投票日が重なるやらで、



                来場者はいつもより少なかったです



      今回は 久しぶりに 福ちゃんも参加しました。



              この仔は人好き・猫好き・犬ギライ…



                 会場では興奮して わんわん吠えて大変でした…。




             でもね、オヤツをあげる時 ちゃんと「おすわり・待て・良し!」が出来るので



             イイ仔ちゃんね~~って褒められましたよ




               でも結果は残念賞…。 またがんばろーね。






              猫も 持ち込みが多い割には欲しい方が少ないようでした。



              11時になっても 1匹も決まらず もしかして譲渡0なのか…



               と 思っていましたらば



               バタバタっと決まりましたよ。



           結果   わんこ1匹・にゃんこ3匹でした。




     この日、譲渡会場で やたらニャンコの写真を撮りメールしてる男性がいましてね。



           最初 ちょっと??てな感じだったんです…。



          ですが、何となくこの男性に見覚えがあるような気がしました。



            譲渡会も終わりに近づいた頃、


 
               「この猫…」と 風太を指差す男性。



           「え?この仔ですか?」 と 同じく風太を指差すワタクシ。



                もう、心臓バクバクになりました。



                   ナンなのでしょう。この緊張感。 




                「風太が貰われちゃう」という焦りか。



                「この男性で大丈夫か…」という不安だったのか…。



           「私、条件厳しいですよ」 男性に言いました。



           奥さんと二人暮らし。 奥さんも賛成してる。



           二人ともアレルギーなし(昔、2匹飼ってた)



           奥さんが経営するアパートに暮らしてるので問題なし。



           ちゃんと最期まで面倒見る。 病院にも連れて行く。




             断る理由が見つかりません。




            誓約書を書いてもらいながら、いろいろお話しました。



          「あのぉ、お宅 見覚えがあるんですけど お仕事何されてます?」




          聞くと 思い出しました!!



            ワタクシの親父様の知り合いの会社で働いてる方でした。




         「どーりで見た事があると思ってました!」  疑問が解決。





        この方なら、いつでも風太の様子を聞く事ができます。




            譲渡する事に決めました。



       「風太、可愛がってもらうんだよ。」



      写真を撮り、この新しい家族となってくれたWさんと風太を見送ったワタクシ。




            でもね、なんかスッキリしないんです。



           今まで譲渡する際に 感じた事のないモヤモヤが溢れ出しました。




               なんなのだろう…。この不安感は…。




             でも 皆さん、御安心ください。



              結果オーライでした。




              自分の子供ですもん。 譲渡は辛いですよ…。



             実は ワタクシが「譲渡して良かった」と思えるようになるまで



             数日かかったのでした。




               その理由は 次回に…。






     準備万端整いました


      ブログ用730




             11月の譲渡会で貰われなかったら去勢しようと決めていたので



             3日に手術しました。




            前日の絶食は、何度やっても慣れません



            やっぱ可哀相で可哀相で…。




             でも必要な事ですもんね。 


 


              ついでに猫エイズの検査も。




     「血液検査は1歳位にならないと正確に結果が出ない、するならエイズ検査を」と



             動物病院の先生がおっしゃるのでやっていただきました。




           結果は、コタもフータも陰性でした



            みゐこの事があったので心配でしたが、ほっとしました。




             これで貰われる確率がUPします。




            さて12月の譲渡会は…







     いざ!安芸の国へ。



      ブログ用729




         遠い山間のある1軒のゴミ屋敷に  柴わんこが置き去りにされていましたとさ。




            飼い主さんは 認知症の為、介護施設に入所してしまったそうな



            両親の離婚後ずっと父親に会ってなかった上、



               動物を飼った事が無い娘さんTJさんは困ってしまって



               知り合いの娘である にゃんだろーに救いを求めたそうな。




           TJさんは 「一日おきに様子を見に行ってる」との事だったので



            にゃんだろーは 「毎日行ってください」とお願いして



           新たな家族を見つける方法をアドバイスしたそうな。




           しかし 心配になった にゃんだろーはTJさんに再び連絡を取り



                 その後どうなったか聞いたそうな。




      実は一日おきというのは嘘で、



              「1週間に2回しか行ってない。可哀相だけど私も妹も忙しくて…」




            と聞いた にゃんだろーは



             矢も盾もたまらず 「一緒に家に行かせてくださいぃ!!」とお願いして



          日曜日に TJさんとTJさんのお母様と一緒に伺ったとさ。




      柴わんこ コロちゃんは 可愛くてとっても人懐こくてムダ吠えしない好い仔だったそうな。



      にゃんだろーは コロちゃんに



        「君を幸せにしてくれる家族を必ず見つけちゃるきね!!」と約束したそうな。




            TJさんとお母様がゴミを片付けてる間に コロちゃんとお散歩して



          にゃんだろーの家から持ってきたフードを与えたそうな。



        尻尾をブルンブルン振って美味しそうに食べるコロちゃんを




                にゃんだろーは目を細めて見てたそうな




             それから 写真を撮り 家に帰ってから




              県の衛生管理課が運営するHPに飼い主募集で登録し




             地元の夕刊紙の伝言板に同じく飼い主募集のFAXをしたそうな。





                3~4日して、県のHPにヒットがあったそうな。





         広島出身で今は熊本に単身赴任してる男性だったそうな。




              TJさんが早速連絡したところ、


       何でも、HPの写真を見て 頭の良さそうなわんちゃんだと思ってくれたそうな。



          もし気に入ったとしても、年末に広島に帰るまで預かってて欲しいと言われたそうな。
        


       一度コロちゃんを見たいとの事で
            



       八百万の神々が集う 天孫降臨の里で コロちゃんを連れて落ち合ったそうな。




         「心配ないですよ、きっと大丈夫!!」




            TJさんから 「話しぶりがとても感じの良さそうな人でした」と聞いてたので




              その男性に貰ってもらわないと 



       またあのゴミ屋敷に一人ぼっちにさせてしまうと焦った にゃんだろーは       

         
            出発前のTJさんを励まして話の持って行き方をレクチャーしたそうな。


     

            そしてにゃんだろーの携帯に



             「無事貰われていきました。色々ありがとうございました」



                 と TJさんからメールが入ったのは




               男性との待ち合わせの時間から 1時間ほど経った頃だったそうな。




              すぐに にゃんだろーはTJさんに電話して 事の次第を聞いたそうな。




            「こんなに早く、好い飼い主さんが見つかって」と嬉しそうなTJさん。



               にゃんだろーもすごく喜んで安心したそうな。




        コロちゃんが貰われる日まで TJさんと妹さんがコロちゃんに会いに行かない日は

         


        クソ忙しいにもかかわらず 仕事が終わって



         職場から片道40分かけて車をすっ飛ばし、散歩と餌やりに通った5日間は




         とても大変だったけど決して無駄でなかったと思ったにゃんだろーでしたとさ。




                  めでたし・めでたし




            

             追記…



                 その後、男性とLINEで繋がったTJさん。


                 無事に到着しました、と写真が添付されてたそうな。



                 数日後、TJさんよりお礼のお菓子を受け取ったにゃんだろー。




                   しっかり胃袋に納めましたとさ。




                       めでたし・めでたし…



             

        
            



      行ってらっしゃい・お帰りなさい


     ブログ用727



        会の保護ニャンコが多いので



         11月23日に会員さん保護ニャンコだけのミニ譲渡会を開催しました。




          結果は…  3匹(含トライアル1匹)



          広告も出したんですけどね…。



          この日もやっぱりイベントが多くて来場者は少なかったです



 
             でも打率は良かったと思います。




 
           朝、我が家を出る時に  「行ってらっしゃ~~い」と




           お袋様に見送られた小太郎と風太でしたが…




           「お帰んなさ~~いい」と戻ってきました…




           疲れたのか 



                ブログ用728
             


             風太は みゐこと寝んね。



               苦笑いの にゃんだろーでした。





     貰われる気まるで無し…


      ブログ用725



         11月16日に開催された譲渡会。



          この日、ワタクシは早朝の仕事をこなし



            バタバタと譲渡会の準備をして会場へ。




           結果は…   わんこ2匹(含トライアル1匹)


                    にゃんこ7匹(含トライアル1匹) でした




                      誓約第1号は



             ブログ用726



                  にゃん太ちゃ~~ん




           何度も譲渡会に猫を見に来られたMさん御一家の家族になりました。



            たった一晩のお付き合いでしたが、楽しかったよ

            


               先住猫ちゃん達と仲良くね!




           ワタクシの御近所のTさんも仔猫を3匹持ち込みで連れて来た内



                   2匹に家族ができました





                にゃん太ちゃんを連れて行かねばならなかったので




                今回も福ちゃんはお休み。




            小太郎・風太コンビは…




                  貰われる気まるで無し…




                
               2匹共 お家に帰ると みゐことイキイキ大暴れ



              しょうがないなぁ


             


           



      にゃん太ちゃん来(きた)る


      ブログ用723



                にゃん太ちゃんが我が家にやってきました。


 
          スタッフMさんが旅行で譲渡会に参加できない為、お預かりです。



                  仔猫の出現に興味シンシンのコタとフータ。



                 ブログ用724



                2匹とも「シャー」っと言いながらも気になる様子…




                   生後約1ヶ月すぎのにゃん太ちゃん。




                     尻尾の毛が抜けてます。




               でも小っちゃくて可愛くて元気なにゃん太ちゃん



                にゃん太ちゃんをゲージから出して自由にさせると



                コタとフータが追いかけます。




                暫くすると慣れてちょっかい出し始めました



         
            こうして比べると、コタとフータは本当に大きくなったんだなぁ。



 
                3匹で大暴れ。  あぁ、うるさい…。



              でも見てると楽しい




                 さあ、3匹で譲渡会に行くんだじょ~~









             




    おこってんじゃないの、イカってんの

    ブログ用722





             「きっと寂しくて甘えてくんだろーなぁ~~」



                そんな期待は脆くも崩れ去りました…




                 みゐこは「お帰り~~、お外に出るぅ~~」


                 小太郎は「あれ?どっか行ってたの?」



                      そして風太は



                一瞬目が合うと近づきますが、いつものように甘えてきません。



               どうやら怒ってるようです…



          「ゴメンねぇ、許してぇん」   懇願しますが 完全無視…



            抱っこしても スルっと腕からすり抜けます。




            仕方ないので猫ゴハンを用意して トイレ掃除。


 
             それから 福ちゃんの散歩とゴハン。



              
              荷物を整理してから ニンゲンの晩ゴハン。




            茶の間でゆっくりしてると 風太が付かず離れずの距離にいます。



                  そろそろ許してくれるかにゃ~~ん?




            「風太、ホントにごめんね。」 



         頭を撫でると素直に預けてきます。 それからスイスリしてくれるようになりました 




                 これで一安心  




              しっかし 猫の性格も猫それぞれですね~~。



              昔、2泊3日で長崎に行った時。



            家に帰るなり「ちょろ松~~」と叫ぶと



             「にゃ~~ん



             玄関の扉を開けると ワタクシに飛び掛ってきた御曹子



              ぎゅぅ~~っと抱きしめましたよ。



               感動の対面でした。



            旅行中も心配で心配で 3日目は車をすっ飛ばして帰ったもんです。



            (そういえばこの時の旅行は1,000Km走りましたよ

              ワタクシも若うございました。)




           ちょろ松君、ワタクシから離れず爪でシッカと服を掴んでたっけ。



         この記憶があるもんですから まさか猫に怒られるとは思いませんでしたよ…。



            やっぱ猫って可愛いな。



             「みんなちがってみんないい」←みすゞ風。





              追記。



      福ちゃんのお世話をお願いした ボラ仲間でペットシッターのみことさん



            ありがとうございました


           大変な時にシッターを引き受けてくださって感謝!です。


          

              お陰で安心して旅行できました




 


      



      満足・満足


     ブログ用720



         朝風呂にゆっくり浸かったあとは 朝食バイキングへ




         これがまた種類が多くて多くて…



          前日目一杯食べてるので そんなに食えましぇん




            でもこれだけはかかせません!!



              ブログ用721




               ワタクシがこの世で最も好きな果物 ラ・イ・チ




        ワタクシの住む町では入荷がないので、普段口にできません。



   
        ここぞ!とばかりいっぱい食べました。別腹・別腹




               でもここのは あんまし美味しくなかった…。



            一昨年行った 門司港ホテルのライチはすんごく美味しかったのになぁ。



 
           さて、ゆっくり朝食をとったあとは、帰り支度をして早めの出発。



             

               てんこもりのお土産をかかえ 別府を後にしました。




                   大分市を抜けて親父様の実家N町へ




               お墓参りをして、昼食をゴチになり



      おばちゃん手作りの地鶏めし・煮しめ・赤ミソを沢山いただき 家路に就きました。




           家に着き、母を車椅子ごと降ろして玄関へ



           福ちゃんが わんわん吠えてお出迎え。



         さあて、にゃんこ達はどーしてるかなぁ~~?



           「ただいまぁ~~!




          鍵を開けた にゃんだろーを待っていたのは…。




         




       オーシャンビュ~~


    ブログ用713


           さて 地獄を出て 硫黄のニオイがする別府の町をひた走り



         到着しました「杉乃井ホテル」



          両親の為に ちょっとお高めの部屋をRESERVEしました。



          ロビーにあない(案内)され、「まずは浴衣を選んでください」と言われ



           チョイスしたのはこれ。




                ブログ用714
                (ワタクシ用)



                           と




                これ



               ブログ用715
                 (親父様用)



            お高めの部屋を予約すると 浴衣が選べるのです。


          

            部屋に着くと   も~~ビックリ!!



             広~~い! 綺麗~~!



            なんと アメニティが


                 ブログ用716



                       「ぶるがり」


                       もとい


                       「BVLGARI」



                      ( なんか ひらがなで書くとダッさ。)




               夕食まで間があるので早速 部屋風呂で ひと風呂浴びる。



                   そしてお待ちかねのディナーバイキング




           ん~~も~~おいちいぃよぉ



                 ブログ用717



                  親父様には別注で


                 ブログ用718


                   豊後牛ステーキとふぐ刺を。




      ここのバイキングは種類が沢山あってとても制覇しきれません




             本当に美味しかった~~




                 参考までに。 アルコールは別料金です。

                 



           ただでさえ いつも食いすぎなお腹のにゃんだろーですが



             「も~~食えねぇ。も~飲めねぇ。」てゆーくらい



              お腹は ぽんぽこりん でした。



             ゴハンの後、玄関を出て イルミーを見に行きました。



           ブログ用719




             かなりの場所を割いてたくさんのイルミーが飾ってありました。


                    すっごくキレイでしたよ~~。



              


             部屋に戻り、一息ついたら お買いモン タ~イム



             しかし 一番大きい売店は部屋からかなりの距離




       しょーがないので 母の車椅子を押しながら えっちらおっちら歩きましたよ。



             これで翌朝バタバタせずにすみました。




           疲れたのか 年寄り2人は9時過ぎには就寝 



              寝るの早えぇよ…。



          ワタクシは 地下のお風呂へ。 とってもいいお湯でございました



              私もこの日は 朝に仕事を済ませてからの出発だったので



            かなり疲れていた為 ビール飲んで早く寝よ、と思ってたんですけどね




               いつも寝るのが1時半とか2時なので 習慣になってるのか眠れず…




            両親を起こさないようケータイでTV見たりして寝ついたのがやっぱり1時半。




             朝5時に目が覚めまして うつらうつらして 



            6時前に起きて朝風呂に行きました。



            このホテルの名物。棚湯です。




             展望風呂になってるんですよね。



             行くともうかなりの先客が。



      考える事は同じで、朝日が昇るのをを見ながら湯船に浸かりたいんですよね~~




             「頑張るぞ~~!!!」 



             朝日に すっぱを晒し、力強く拳を振り上げた にゃんだろーでした。


       



                 



                



           

               



                 





       地獄に行ってきたでぇ~~


      ブログ用712



             10月にワタクシの親父様が 齢80歳になりました。



      母も来年、傘寿になるので二人一緒にお祝いをしようと思い(母は前倒しで)
              
           



            「金よこせ!」と兄貴と弟アチョー君にメールをして



           兄弟3人で ゆったり温泉旅行をプレゼントしました。



          なんせ高齢者なもんで 近場にしましたよ。



            じゃらん・楽天その他 旅ランキングで大分県内常にトップの


          「別府・杉乃井ホテル」にしました。



          ここはウン十年も昔、子供の時に泊まったのですが



           今みたいにリニューアルするずっと前の古い施設の記憶しかありませんので



            ワタクシ自身も初めて行く感覚です。



           
             11月11日(火曜日)の午前中に仕事を済ませ


           

              11時過ぎに家を出発。



             のんびり・ゆったりの旅の始まりです。



            さて別府といえば「地獄めぐり」



           ここも子供の時に行ったきり。



           坊主地獄の ボコボコっとした泥しか覚えてません。



        全て廻ると時間がかかるし、両親は昔 何度も別府に来てて見飽きてる風でしたので



           海地獄と坊主地獄の二箇所しか行きませんでした。




             海地獄はとっても綺麗なコバルトブルー



        3人でゆったり見てる側で外国語が飛び交ってすんげぇ五月蝿い



           平日だというのに 台湾と韓国からの観光客のすごい事




                     声でかいし!



      (でも売店の売り子さんに聞いたら、平日なので客数は少ないとの事)





           鳥居を見つけたので祈願して戻ろうとしたら



            韓国人の夫婦らしき人達に声を掛けられた。



            携帯で写真を撮りたいらしい。



            「ハイ!ポーズ!」と携帯のボタンを押してあげました。



            「これでいいですか?」身振りで聞いて写り具合を確かめてもらう。



          「OK!OK!」と喜んでいただいた。


          
           「カムサハムニダ~~」 お互い笑顔で別れたあと ふと気が付く。


 
           そうだ韓国人て「ポーズ」じゃなくて「キムチ」ってゆーんだったっけ。



            ま、いっか。



           しかしワタクシって旅行行くと 知らない人からシャッター押してくれと



           よく頼まれます…。



          さて祈願した後 ふと見ると     


 
           「展望台」て矢印の看板があるので両親をベンチに座らせ



            一人で行って見ましたよ。




          「近!(ちか)低!(ひく)」  の


              階段を少し登っただけの展望台でした


            
             こんなん「展望台」とは言わんじゃろっっ!!




             海地獄を出て 両親がアイス食べてる間に



               一人で坊主地獄にちょいと行ってきました。



             昔の記憶通りのボコボコした熱泥。




              2箇所だけだったけど、地獄が見れて面白うございました




          地獄めぐりのパンフの裏表紙に かの生臭坊主「今東光」が名文を寄せている。



           いかにも彼らしい 地獄論。



            しかし、ここで載せるのは野暮というもの。




          ここは是非とも地獄に行って 御自分でお確かめを。


         

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。