ニャン★DA☆ちょろ松

慢性腎不全猫とグリングリンな日々


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



      みゐこが居て嬉しい


      ブログ用634



       2008年から始めたこのブログ。



       なんだかんだ言って7年目に入りました




        猫の日の今日、ワタクシの傍らに猫がいます




          御曹司が居なくなって以来です。



         みゐこが居てうれしいな




           そしてニャンコチョコが食べれてうれしいな





           ブログ用635ブログ用636




        今年は2個買っちゃったよ。




         「食べるのがもったいない~~」と思いながら食べました




          特別な事は何も無い毎日だけど




              こんな些細な事が幸せなのかもね。








         
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

    愛想なし…



     ブログ用633




         さて、ワクチンも不妊も無事完了して



          「さあ、新しい飼い主さん。いつでもいらっしゃ~~い」状態の みゐこさん




          2月9日の譲渡会に参加しましたぁ。




         女の人に抱っこされ、ちょっとキンチョー気味のみゐこ。



         ちっちゃい男の子に「ねこ~~」と顔を近づけられ



         「シャーッ」っとイカクしたみゐこ…。



          全く愛想なしのお嬢さんです…。




          そんな中で  自転車に乗ってきた一人のおばさんに気に入られ




          「自転車に乗せられるかね~」と言われました。



           何でも20年飼ってたネコが亡くなって、また飼いたいのだとか。




         いろいろお話聞いて



          「ウチの中で長い紐つけて飼ってた。トイレに行ける位の長さで」



          「ゴハンはドッグフードあげてた」




         

         正直、第一印象は良くないおばさんでした。




          やっぱ、「感」て当たるんですねぇ


       
        この二言を聞いて、「それはヤメテください…」と丁寧にお断りしましたよ。
  



           しっかし、そんな育て方してよく20年も生きてたなぁ。



           ワタクシが猫だったらヤだよぉ。



     
             ウチの大事なお嬢をやれません!!




          




         この日の結果は…   




           わんこ2匹(トライアル1匹)・にゃんこ1匹でした。





           地元で開催のマラソンがあった為、来場者は少のうございました




            トーゼン、募金もフリマの売上もちょびっとでした…。




            
          来月頑張る!!と思ったら




          3月は仕事で譲渡会お休みするんだった。




          んじゃ4月頑張る







           話は大幅に変わりますが…




            今は冬季オリンピックの終盤。



                「頑張る」といえば、




            今日の真央ちゃんは、本当に良く頑張った




              朝、TVを見て感動して泣いちゃったよ。




             世界中の人々の胸を熱くさせた真央ちゃん。





             貴女の笑顔は金メダルより価値がある  





 

テーマ:保護活動 - ジャンル:ペット
    一安心


    ブログ用632




         先月29日に、お嬢みゐこの不妊手術を済ませました。



          前日はもちろん絶食。



         翌日朝イチで病院へ。



         
         次の日も朝イチでお迎えに行きましたよ。




        たった一日会えないだけでも




         「みゐこぉぉぉ~~」



             再会の喜びを噛み締めブッチューの嵐




          ごめんよぉ、みゐこ。



           
          でもこれで一安心です。




        しっかし 痛々しい傷跡…。 



               見てると自分のお腹が痛くなるのはナゼ




          手術跡を舐める みゐこ。




        噛むんじゃないよぉ(糸出てんのに…)



        糸引っ張んじゃないよ~~(まだ塞がってないのに…)



        
        猫ってやっちゃうんですよねぇ。




        痛くないのかしらん。





      普通10日後に抜糸なんですけど、待つまでも無く糸キレイに取れちゃいました。



       術後一週間位してお腹みると、ポコンて膨らんでます…。




        えぇ~~、何だろコレ?




        病院に連れて行って言われたのは




      「糸引っ張ると、こんな風にお腹が出る仔がいるんですよ。




         2週間位で引っ込むから大丈夫」 ですって。




          昔ウチで飼ってた外ニャンズの手術をした時は



           
          お腹がこんなになる仔はいなかったのでちょっとビックリしましたよ。




           ちょうど、病院に来てた希望の会の会長さんも みゐこのお腹見て



          「私も初めて見た」て ゆってました。




          そんなこんなで お嬢はこれで完璧のペキ



          
          頑張んべ~~、と




                譲渡会に参加したのでした。



         譲渡会の様子は次回UP




          





          



          
   

テーマ:日記 - ジャンル:日記



     久しぶり!


     ブログ用631




            1日の土曜日。



          久しぶりに ラブちゃんに会いにいきました




          目的は 爪切り。



          ラブちゃんには狼爪(ろうそう)があります。




         この爪は、地面から浮くのでなかなか削れません。




         なのでほっとくと巻爪になっちゃいます。




         伸びたら切らんとね。




          犬の爪は用心して切らないと 血管まで切っちゃいます。



          特に黒い爪は気を遣います。




          飼い主Tさんは、まだ爪切りに慣れていらっしゃらないので




          ワタクシが「仕事のついでに寄って切ってあげます」と 約束してました。





            その約束を果たしに伺ったのです。





           久しぶりに会う ラブちゃん。




             「らあぶぅ~~~」



        抱きしめて お互い ぶちゅぶちゅ




          Tさん御一家は皆さんお留守でしたので やりホーダイの好きホーダイ。




           Tさんのお嬢さんには 予めメールしてたので



                  お留守なのは承知してました。




        ラブちゃんとじゃれてると お隣の奥さんを見かけたので 暫しおしゃべり。



         ラブちゃんは 御近所も含め 皆さんに可愛がっていただいてるそう。



          ラブちゃんのお顔を見れば分かります。




          Tさんから ワタクシ宛にお手紙がお庭の木に貼ってありました。




          お返事を書いて、ラブちゃんを最初に保護した希望の会スタッフHさんから預かった




          オヤツを置いて帰りました。




         「また来るからね。元気でね。」そう言っては また戻ってナデナデ。




          そりゃ離れがたいですよ。




                  ずっと一緒にいたんですから…




               その日の夜にTさんの奥様からお礼のお電話を頂戴しました。





               わざわざありがとうございました




                  また会いにいくよ























     それぞれの家庭に…



     ブログ用629





           1月譲渡会の結果です。




          この日は快晴で、人出も多うございました。




             結果は…



              わんこ4匹・にゃんこ1匹でした




             持込で子犬が3匹来まして…




           飼い主さんは不妊手術をしてません




            運良くみんな貰われましたが




           こういう飼い主さんには ほとほと困ってます。




              ぶっちゃけ言わせてもらいますが




            田舎モンにこんな考えのヒトが多いのです。




            子犬を家族にしてくれた方の中に ワタクシの知り合いがいます。




           お父様が犬を亡くして以来、生活のリズムが乱れて変化したらしく




           お父さんの張り合いのために子犬を迎えてくださいました。





           お父さんは高齢ですが、ちゃんと息子さんが面倒をみてくれるとの事。




           彼なら大丈夫でしょう



          兄弟バラバラになっちゃったけど…



                  可愛がってもらうんだよ






              さて、ウチのお嬢みゐこさん




                 ブログ用630




             「やっぱ帰ってきたね~~」と笑顔で母にお出迎えされ…





            毎日ワタクシとじゃれあっております。



      
            ホント猫ってかわいい




            譲渡会では寄付もたくさんいただきまして…




          中でもNさんという女性が1万円も寄付してくださいました。




         何でも昨年の暮れに希望の会のケータイに、犬の譲渡の件で相談の電話をして




         その時対応したのがワタクシだったので




          「無事に譲渡できました。」と わざわざ訪ねてお礼にきてくださったのです。





          そんなこと良かったのに…




         ワタクシの住む地域には こんな良い人達が沢山います。




          ド田舎ですけど  都会のように娯楽は無いけど




          人が温かいのがやっぱ一番ですよね。




         さ、次回もがんばっぺ








           


    



              

テーマ:保護活動 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。