ニャン★DA☆ちょろ松

慢性腎不全猫とグリングリンな日々


   思い出すあの日

   ブログ用136


   飼い主より

  今日1日、皆既日食で日本中大騒ぎでしたね。

  ワタクシの住む町では雲の晴れ間から垣間見る事ができた方がいたようでした。

  ワタクシは残念ながら運転中で見る事ができませんでした



      それとは別に、今日と言う日はワタクシにとってとても大事な日。
 
    御曹司がお星様になって1年が経ちました

    ちょろ松の亡骸に添えたひまわり。今朝1年ぶりにお墓に供えました。

    昨年の今日は大暑といわれる、とても暑い日だった。

    あの日、私はどうにかなりそうでした。身体の一部が剥ぎ取られたような思いでした
   午前1時半、私の腕の中で息を引き取ったちょろ松を一晩中抱きしめていました。

    こうしてブログに書き込みしている今も涙が溢れています

   ちょろ松、私はたくさんの人の大きな支えと励ましでどうにか生きてます。
   どうか心配しないで、私が虹の橋のたもとに辿り着くまで待ってて。

  


   今日は怒涛の1日でした。
   私を可愛がってくれた方が亡くなったのです。
            命の灯が消えてゆくのは、諸行無常とはいえ、やはり悲しい。


    たぶん私は明日も生きている。それはあとどの位続くのかな…




    

   
   
   

  

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
   お兄ちゃんと一緒


   ブログ用135


   飼い主より

  ちょろ松の誕生日を7月17日にしています。

  御曹司とレストランの裏で出会ったのは10月でした。

  そして病院に連れて行き、先生に診断していただいたら「生後2~3ヶ月くらいかな…」
  との事。

     誕生日くらい作ってあげようと、ワタクシの弟と同じ日にしました。

 今思えば2ヶ月弱くらいではなかったかと思うのですが、ま、いっか(いいかげんな飼い主

   上の写真は我が家で暮らして数ヶ月たった頃の御曹司です。

   骨皮筋ヱ門だった身体もふっくらしてきて、お腹めがけてジャンプされた日にゃ~アータ
 たまったもんじゃありませんですょ。

    しかし猫ってなんで人間が寝てるとわざわざお腹の上を(しかもみぞおちの辺り)通ったり、めがけて飛んできたりするんでしょ
  まるで明日のじょ~にボディーブローをくらった力石徹の気分(ん?違うか?)

   でもかわいいから許しちゃる


     P.S.アチョー君、はっぴぃばーすでぇ~~

テーマ:日記 - ジャンル:日記


   暑ちぃ~~~

  ブログ用130


   今月から2時間繰り上げ開催の譲渡会でした。

   詳しくはコチラ→      のべおかstaff日誌

 




   この日もたくさんの方に来ていただきました


 ブログ用131ブログ用132
            ブログ用133



     この子達にも新しい家族が…ヨカッタヨカッタ

   白黒ニャンコは、宮崎市にある動物関係の専門学校の学生さんが駅で保護したとの事。
   かわゆいキャリーを用意してくれていた、キレイなお姉さんの子になりました。

  学生さんは、女性がキャリーを車に取りに行ってる間、お別れするため最後にこの仔を抱きしめ    ていました。
  そして、黒縁メガネから涙がホロリ
   その場に居たワタクシ、守る会の方たちも思わずもらい泣き
  優しい彼の心に触れ、うれしくもあると同時に反省もしました。
  ワタクシが彼位の歳に、こんなに善良な人間であったかと…  あぁ恥ずかしい

  
      そして少し遅れて参加の3ワンズ
     ブログ用134


    この仔を含む3匹の子犬を連れてきた男性。
   この方にもいろいろと事情がおありでしょうが……避妊手術は必ずしていただきたい。
   兄弟わんこの黒ちゃんはお試しで若いお兄ちゃんのお家に。
    (彼女が抱っこして放しませんでした。フワフワむちむちで可愛いもんね。)
              良い結果になるといいな
  


       
   

テーマ:日記 - ジャンル:日記